水虫の感染経路と対象についてとイトリゾール服用方法

水虫は白癬菌と呼ばれる真菌(カビ)を原因とした皮膚感染症で、足に発症する場合が大半ですが、皮膚全てが感染の対象であり、手や顔、頭などに症状が現れることもあります。白癬菌は高温多湿の環境で増殖するため、水虫の9割近くは靴を履くことで蒸れる足にできてしまうのが現状です。白癬菌の感染経路は様々ですが、水虫患者の剥がれ落ちた皮膚の中に潜み、床などに落ちてから次に誰かの皮膚に感染できるタイミングを待ちます。白癬菌の生命力は非常に強く、たとえ皮膚の欠片が干からびてしまっても生き続けます。そして、誰かの皮膚に付着することに成功しそのまま一定期間を過ごすと、皮膚の中に侵入して感染します。お風呂上りなど皮膚がふやけたお状態に最も白癬菌が潜んだ皮膚が落ちやすくなりので、水虫の人は入浴に使うタオルやバスタオルを家族と共用にしないでください。一番気を付けたいのは足拭きマットで、家族が共用で使用しがちですが、できるだけ別のマットを使用することをおすすめします。
水虫の治療には塗って使う外用薬か、飲んで体の内部から菌を殺す内服薬の2つのタイプがあります。イトリゾールは飲むタイプの治療薬で、水虫の原因菌が繁殖するのを防ぎ殺菌する作用があります。塗り薬では治りにくい水虫や、爪水虫などの症状にも高い効果を発揮します。一度服用すれば続けて服用しなくても、体内に薬の効果が長く残るのが特徴です。そのため、イトリゾールを服用する際は、服用期間と休薬期間を繰り返すパルス療法が用いられます。パルス療法とは、1週間ほど薬を服用した後に、3週間ほど休薬するサイクルを繰り返す治療方法で、従来の治療法よりも服用期間が大幅に短縮できます。