伝染性の強い水虫は末期になる前にイトリゾール

水虫は伝染性が強いため、感染者が風呂上りに使用していたタオルやマットを次に入浴する人が使うと感染し、同じような症状になってしまうことがあります。
家族全員が水虫に感染し、足をぼりぼりかきむしるような状態になることもありますし、末期になるまで放置しておくとなかなか治せないので、早めに病院で診察を受け、イトリゾールのような薬で治すようにしましょう。

水虫の初期症状は、趾間型水虫と呼ばれるもので、指の間の皮膚がボロボロとむけたり、皮膚が白く、柔らかくなってふやけます。
長時間革靴や靴下を履いたままで過ごすと、高温多湿の状態になり、どんどん菌が繁殖しやすくなるので、時々靴や靴下を脱いで、外気にあてるようにしましょう。
趾間型水虫が進行すると、赤くただれた皮膚がむき出しになったり、ひび割れの状態になることもあります。
この状態が悪化すると小水疱型水虫となり、足の裏に小さくて透明な水ぶくれが出来るようになり、それをつぶすと粘り気のある、無臭の液体が出ます。
非常にかゆくなるのが特徴で、この中期の段階で我慢できなくなって、水虫を治そうと思うようになる方が少なくありません。
それでも治療しないでいると、角質化型水虫となって、皮膚の表面にある角質層が厚くなり、カチカチにかたくなって、ひび割れを起こしたり、白い線が足の裏に発生することもあります。
末期は爪水虫となり、かゆみなどはありませんが、爪の表面が変形して波打ったようになったり、デコボコした爪になるので、見た目が悪くなります。
爪が破壊されている状態なので、こうなる前に早めに治療を受け、もとの綺麗で、健康的な爪に戻すことが大切です。
水虫治療薬のイトリゾールを飲めば治せるので、初期の段階で爪の状態がおかしいと思ったら、近くの病院へ行くようにしてください。