イトリゾールの服用期間は?

イトリゾールは真菌と呼ばれるカビの仲間を殺菌するために使用される治療薬で、主に水虫の治療に用いられます。水虫の治療には副作用の少ない塗り薬を使用することがほとんどですが、イトリゾールは内服薬として用意されていて、内部から薬の成分を作用させて真菌を退治する働きを持っています。この方法によって、塗り薬では完治が難しいとされる爪水虫にも効果的で、重症化した真菌の感染症の治療で頻繁に使用されるようになっています。イトリゾールの成分はイトラコナゾールと呼ばれ、幅広い抗菌スペクトルを持つトリアゾール系に類します。この医薬品は副作用が比較的に少なく、血中濃度半減期は1日と長めのため、真菌の治療で採用する病院も多いのが特徴です。そのため、1度服用すれば連続して飲み続ける必要がなくなるので、その特徴を利用して短期大量間欠療法となるパルス療法を用います。パルス療法と聞いても馴染みのないものですが、この方法は1週間だけ薬を服用し続け、その後3週間は休薬をするというもので、これを1サイクルとして3回ほど繰り返すことで治療を終了させます。従来の治療法では毎日半年間は飲み続けなければならなかったのに対し、パルス療法は3ヶ月ほどで終了するため、服用期間を大幅に短縮できるというメリットがあります。この飲み方をしっかりと守ることで、より効果を発揮する療法ですが、メリットばかりではないということも理解しておかなければいけません。パルス療法はかなり変則的な飲み方をするため、患者が薬を飲み忘れたり、逆に過剰に飲んでしまうという問題もあります。肝機能の副作用も報告されているため、患者が間違った服用をしていないか、病院側が監視するか患者側でしっかりと把握しておく必要があるというデメリットもあります。

イトリゾールは食前に飲む?食後に飲む?

真菌による感染症の治療に用いられるイトリゾールは、剤形をカプセルと内用液の2種類となっているため、水虫治療によく使用されるクリームのように好きなタイミングで塗るようなことはできません。経口薬は必ず食前または食後などの飲むタイミングが決められているので、効果的な治療をしたい場合は必ず決められた方法で飲むことが重要になってきます。イトリゾールのカプセルは空腹時に使用すると、胃酸が分泌されずに十分に吸収されない可能性があるため、必ず食後に飲むことが義務づけられています。研究では空腹時に使用すると血中濃度が50%以下になることが分かっているため、食後以外に使用しても水虫などの治療で十分な効果が発揮できません。イトリゾールは脂溶性が高いため、食事で摂取する脂肪成分の溶解性や、胃酸分泌量、胃の運動による影響が大きいことから、食べ物を何口か食べて飲むといった方法では十分な対策とはならないようです。カプセルを1日1回で服用する場合は、朝昼夕のどのタイミングでも良いので、必ず十分な食事量を摂ってから飲むようにしましょう。パルス療法では1日2回の服用を定められることもあるため、その際は朝と夕の2回でしっかりと食事を摂ることになります。また、内用液はカプセルとは真逆の位置にあり、食後に服用すると吸収が低下することが知られています。逆に空腹時に服用することによって非常に吸収が良くなるため、内用液は食前や空腹時に使用することになります。ただし、これらの方法はあくまでも原則であり、治療の方法や患者、症状の状態によって医者の判断で変更されることもあります。必ずしもこの通りに服用するということはないので、医師の指導に従って正しく服用するようにしましょう。

イトリゾールとパルス療法とは?

カビや酵母が原因となる感染症の治療薬として処方されるイトリゾールは、イトラコナゾールと呼ばれる成分を含有したトリアゾール系の抗真菌薬です。真菌は細菌やウイルスと同じ原生微生物のひとつで、それぞれ独立した性質を持つため、治療には対応した医薬品を使用する必要があります。真菌は白癬菌やカンジダといったものがあり、主に有名な症状は手足に感染する水虫でしょう。トリアゾールは水虫などの真菌が原因となる症状を治療するために使用される医薬品で、主にカプセル錠を使用した内服薬となっています。服用することで有効成分が溶け出し、全身に作用するので塗り薬では完治しにくい水虫や、臓器に感染する症状の治療に用いられます。内服薬は副作用のリスクが高まることから処方することが躊躇われるのですが、イトリゾールは副作用が比較的少ないため、採用する病院も多いようです。イトリゾールの性質として皮膚を構成するケラチンとの親和性が高く、爪や皮膚に成分が移行する性質を持つことから、連続して服用しなくても済むパルス療法を使用します。パルス療法とは短期大量間欠療法とも呼び、一定の期間で集中的に服用し、また別の期間で休薬するという方法です。イトリゾールを使用したパルス療法は、1ヶ月の間に1週間だけ毎日服用をして、残りの3週間は飲むのを止める方法で、1ヶ月を1サイクルとして3回繰り返すようにします。血液中の成分はすぐに消失しますが、爪や皮膚といった細胞に移行した成分は残るので、継続して飲む必要はなく、およそ1年間は効果が持続すると言われています。独特の治療法ですが、従来の治療薬では半年ほど毎日飲み続ける必要があったのに対し、イトリゾールは3ヶ月で済むことから副作用のリスクが軽減され、短い期間で治療が完了します。